女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

「女性の更年期事典」一覧

続きを読む

カルシウム・リン・マグネシウムの働き・過不足・食品

カルシウム(Ca)は必須ミネラルのひとつです。日本人のカルシウム摂取量は欧米に比して低く、毎日カルシウムを摂る心がけが必要な大切なミネラル(栄養素)の一つです…

続きを読む

ミネラルの働きと種類

五大栄養素であるミネラルは三大栄養素の働きを助け、体の機能調節に不可欠です。ミネラル不足で全身の機能が低下します。有機化合物のビタミンと違い、ミネラルは元素そ…

続きを読む

ビタミンCの働き・過不足・食品

ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性ビタミンに分類されます。ビタミンCは、体内で水溶性の抗酸化作用物質として重要な働きをします。また、コラーゲンの生成に不可欠…

続きを読む

ビタミンB群の働き・過不足・食品(パントテン酸・ビオチン・コリン)

パントテン酸(ビタミンB5)は水溶性ビタミンに分類されます。パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、体内で糖や脂肪酸の代謝に関わる酵素の補酵素として働きます。抗…

続きを読む

ビタミンB群の働き・過不足・食品(B12・葉酸)

ビタミンB12(コバラミン)は水溶性ビタミンに分類されます。ビタミン12は、体内で様々な酵素の補酵素として働きます。アミノ酸・脂質の代謝や神経伝達物質の生成な…

続きを読む

ビタミンB群の働き・過不足・食品(B1・B2・ナイアシン・B6)

ビタミンB1(サイアシン)は水溶性ビタミンに分類されます。食品中のビタミンB1効力を持つチアミンは、体内でTDPという補酵素になり、糖類の代謝を促す酵素の補酵…

続きを読む

ビタミンA・D・E・Kの働き・過不足・食品

ビタミンA(レチノール)は脂溶性ビタミンに分類されます。動物性食品に含まれるレチノールは、体内でそのままビタミンAとして働き、植物性食品に含まれるプロビタミン…

続きを読む

ビタミンの働きと種類

五大栄養素のひとつであるビタミンは、三大栄養素の働きを助け体の機能を調節するのに不可欠です。ビタミンの種類は多く、微量で体内で働き、各ビタミンの生理作用(役割…

続きを読む

たんぱく質の働き・過不足・食品

三大栄養素のひとつであるたんぱく質は、筋肉・皮膚・臓器・ホルモン・酵素・免疫体などを構成する重要な栄養素です。たんぱく質は、エネルギー源にもなりますが、糖質・…

続きを読む

脂質の働き・過不足・食品

三大栄養素のひとつである脂質は、主にエネルギー源になる栄養素です。また、血液の成分や細胞膜や粘膜の構成成分になり、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の吸収を助け…