女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

冷え性改善の漢方薬

冷え性にも、手足が冷える、胃腸が冷える、下半身が冷える、手足は冷えるが頭はのぼせる(冷えのぼせ)などのタイプがあります。証(しょう)に合った漢方薬で冷え性を改善します。専門医や漢方相談薬局などで十分相談して漢方薬を選ぶことが大切です。

冷え性を改善する証(タイプ)別の漢方

 手足が冷える

漢方では、冷え性は於血(おけつ)の状態です。於血に良いといわれる3大漢方薬に、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)があります。
年中手足がひどく冷える(特に冬はしもやけになったりする)人には当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)がよいといわれています。更年期障害の症状でもある「冷えのぼせ」にも有効といわれています。

 胃腸が冷える

漢方では、胃腸が冷えて下痢しやすい冷え性は脾虚の状態です。真武湯(しんぶとう)や人参湯(にんじんとう)がよいといわれています。

 下半身が冷える

主に中年以降につかわれる漢方薬で、八味地黄丸(はちみじおうがん)があります。若年層でも下半身の冷えの症状がつよいときに有効といわれています。

 - 更年期障害と漢方

PC用

PC用

  関連記事