女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期障害の漢方薬

更年期障害には不定愁訴と呼ばれる症状があります、虚証・中間証・実証で漢方薬が異なります。専門医や漢方相談薬局などで十分相談して更年期障害の不定愁訴にあった漢方薬をつかいましょう。

更年期障害の症状別の漢方薬

ご参考までに、虚証、中間証、実証別の漢方薬をご紹介します。

 虚証

  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):
    手足の冷え、疲れやすい、色白で月経不順
  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン):
    のぼせ、冷え、肩こり、めまい、不安、不眠
  • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):
    イライラ、喉やみぞおちにつかえる感じ

 中間証

  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン):
    のぼせ、冷え、肩こり、めまい、不安、不眠
  • 抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ):
    怒りっぽい、イライラ、興奮、不眠
  • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):
    のぼせ、上半身が発汗、肩こり、胃腸が弱い
  • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):
    イライラ、喉やみぞおちにつかえる感じ

 実証

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ):
    便秘傾向で、肩こり、動悸、不眠、不安
  • 桃核承気湯(トウガクジョウキトウ):
    月経不順の傾向で、のぼせ、顔のほてり、肩こり、便秘
  • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):
    桃核承気湯より症状が軽く、便秘はなく、冷えのぼせ
  • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):
    頭部に充血感があり、のぼせ、イライラ、不眠、便秘

 - 更年期障害と漢方

PC用

PC用

  関連記事