女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

漢方とは(気・血・水)

漢方とは、中国の「中医」が日本に伝えられ、日本人に合うように改良されたものです。漢方では、気(き)・血(けつ)・水(すい)の3つの要素のバランスが保たれていると「生気(せいき)」が生まれて健康であるとしています。

漢方的な診断に基づいて生薬を2種類以上組み合わせて作られた薬が漢方薬です。漢方治療では、病気(病名)ではなく患者の状態によって治療方針が決まるため、同じ病名であっても患者によって違う漢方薬が処方されることがあります。

漢方の気・血・水

気(き):気(き)とは、最も重要な要素で、生命活動に関わるあらゆる活動の機能を指します。気(き)が減少した状態を「気虚」といい、だるい・疲れやすい・食欲がない・風邪をひきやすいなどの症状が起きます。栄養が全身に行きわたらず、精神活動も不活発になります。

血(けつ):血(けつ)とは、血液を含むあらゆる体液の総称です。血(けつ)が停滞する状態を「お血(おけつ)」といい、頭痛・肩こり・冷え・のぼせなどの症状が起きます。女性に多い症状です。血(けつ)は、循環器系・内分泌系の機能の調節を行い、栄養を循環させ、老廃物を取り除きます。

水(すい):水(すい)とは、免疫をつかさどる働きをします。水がたまった状態を「水毒」といい、むくみ(浮腫)・手足の冷えや痺れ・息切れ・咳・アレルギー反応などがおきやすくなります。

 - 更年期障害と漢方

PC用

PC用

  関連記事