女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

食物繊維と大腸癌・動脈硬化・糖尿病の関係

食物繊維自体は栄養やエネルギーになりませんが、腸内環境を整え、大腸癌や生活習慣病の予防に役立ちます。

食物繊維と大腸癌の関係

食物繊維は、便量を増して排便を促し、有害物質を吸着して排泄するので、発癌を抑制するとされています。
リグニン・キチンキトサンなどの食物繊維は、胆汁酸を吸着します。胆汁酸を吸着することで、腸内の有害細菌によって胆汁酸から作られるメチルコラントレン(大腸癌を引き起こす有害物質)を抑制します。

食物繊維と動脈硬化の関係

食物繊維は、大腸の腸内細菌で発酵されて短鎖脂肪酸が生成されます。短鎖脂肪酸がコレステロールの合成を抑制するとされています。
果物に多いペクチン、海藻に含まれるアルギン酸などの水溶性植物繊維は、血清コレステロール低下作用があります。

食物繊維と糖尿病の関係

食物繊維は糖尿病の予防・治療に有効です。糖尿病の食事療法では、バランスのよい食事が肝心ですが、その中で食物繊維の働きは重要です。

  • 食物繊維を多く含む食品(野菜や海藻)は低エネルギー
  • 食物繊維の多い食物は良く噛まなくてはならないので、消化・吸収がゆっくり
  • 食物繊維は腸管で栄養素が吸収される時間を遅らせる作用がある

これらのことから、食物繊維は、食後の血糖値の上昇が穏やかにして、インスリンを無理なく作用させることができ、糖尿病の合併症予防にもつながります。

 - 食品と栄養素の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事