女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

ナトリウム・カリウム・塩素の働き・過不足・食品

ナトリウム(Na)は、体液をアルカリ性に保ち、カリウム(K)とバランスをとって細胞の浸透圧を調節する働きをします。日本人は食塩の摂取量が多く、高血圧の原因になっています。
カリウム(K)は、ナトリウムと拮抗関係にあるミネラルです。ナトリウムとバランスをとり細胞の浸透圧を調節する働きをします。カリウムは、腎臓でのナトリウム再吸収を抑えて尿として排泄する作用によって、血圧を下げる働きをします。
ナトリウムの摂り過ぎとカリウム不足は高血圧を引き起こし、高血圧は心臓発作や脳梗塞のリスクを高めます。カリウムによるナトリウム排泄に頼りすぎると、排尿回数が増えて腎臓に負担がかかりますし、他ミネラルも体外に排出されてしまいます。塩分を控えることが、ナトリウムの過剰摂取を解消する基本です。

塩素(Cl)は、胃液の中で消化を助け、体液や血液中で酸アルカリ均衡の維持に関わる働きをします。食塩(NaCl)として摂取されるため、欠乏の心配が殆どないミネラルです。

体液の主要成分であるナトリウム(Na)とカリウム(K)は、細胞膜のイオンポンプ(ナトリウム・カリウムATPアーゼという酵素がポンプの役割をする)とよばれる機構によって浸透圧を調節し、神経間の情報伝達・筋肉の収縮機能・腺組織の外分泌・ホルモンの内分泌といった様々な生命活動に影響を及ぼします。ナトリウムは細胞外液(血漿・組織間液など)に多く、カリウムは細胞内液に多く存在し、塩素はナトリウムの対イオンとして細胞外液の主要な陰イオンとして存在します。ナトリウムとカリウムのバランスが崩れると、細胞の働きに支障が生じて健康を害することになります。

ナトリウムの働き・過不足・食品

ナトリウムの働き
体液は弱アルカリ性です。これは、ナトリウムのpH調節作用(酸塩基均衡の維持)によって体液が酸性に傾くのを防いでいるためです。ナトリウムは細胞外液にイオンとして存在し、細胞外の浸透圧を維持しています。
ナトリウムは、体内の水分調整、筋肉の収縮弛緩の調節、神経間の情報伝達、グルコースやアミノ酸の能動輸送に関わり、他ミネラルの吸収を助ける働きがあります。

ナトリウムの欠乏・多量摂取

  • ナトリウムが欠乏すると:倦怠感、食欲不振、嘔吐、意識障害、筋肉痛、熱けいれん
  • ナトリウムを多量摂取すると:慢性的には、高血圧・動脈硬化・胃潰瘍などの引き金になります。

ナトリウムを多く含む食品
食塩、味噌、醤油、塩辛、佃煮、ハム・ソーセージ、かまぼこ、インスタントラーメン

カリウムの働き・過不足・食品

発汗によりナトリウムが失われとカリウムも失われます。利尿剤服用者、利尿作用のあるコーヒーなどを多く飲む人、下痢・ストレスのある人はカリウム欠乏の傾向にあるので、カリウムを補給する必要があると考えられます。血液中のカリウム濃度の変動幅が大きすぎると不整脈の原因になります。

カリウムの働き
カリウムは細胞内液にイオンとして存在し、細胞内の浸透圧を維持しています。カリウムは、ナトリウムと拮抗関係にあり、細胞の浸透圧調節や体内の情報伝達に関わっています。。
カリウムは腎臓でナトリウム再吸収を抑制する作用があり、尿中へのナトリウム排出量を増加させることで血圧を下げる働きをします。また、カリウムは細胞膜のイオンポンプ(ナトリウム・カリウムATPアーゼと呼ばれる酵素)の活性を上げる作用があり、末梢血管を拡張させることで、血圧を下げる働きをします。
他に、糖質代謝や膜輸送にも関わっています。

カリウムの欠乏・多量摂取

  • カリウムが欠乏すると:脱力感、食欲不振、不整脈、筋無力症、知覚鈍感、反射神経の低下、腸壁緊張
  • カリウムを多量摂取すると:カリウムは腎臓で処理・排出されるので、腎機能が低下していると十分にカリウムが排出されず高カリウム血症になるリスクが高まります。高カリウム血症の症状は、感覚異常、脱力感、弛緩性麻痺などです。

カリウムを多く含む食品
海藻類、緑黄色野菜、大豆、落花生(ピーナッツ)

塩素の働き・過不足・食品

食塩(NaCl)はナトリウム(Na)と塩素(Cl)から出来ているので、食塩から塩素の殆どが摂取できます。

塩素の働き
塩素(Cl2)は塩酸(HCl)として胃液中にあって、胃液を酸性に保ち、摂取した食べ物の殺菌や、ペプシン(消化酵素)を活性化して消化を促進する働きをします。また、細胞外液にナトリウムとともにあって、細胞の浸透圧調整の働きをします。

塩素の欠乏・多量摂取

  • 塩素が不足すると:食欲不振、消化不良、脱毛、歯が弱くなる
  • 塩素を多量摂取すると:特に過剰症はありません。多量摂取しても、汗や尿に混じって体外に排出されます。

塩素を多く含む食品
食塩、海藻類、オリーブ

 - 食品と栄養素の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事