女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

ミネラルの働きと種類

五大栄養素であるミネラルは三大栄養素の働きを助け、体の機能調節に不可欠です。ミネラル不足で全身の機能が低下します。有機化合物のビタミンと違い、ミネラルは元素そのものです。体の約96%は炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機質の構成要素)で構成されています。それ以外の生体元素を総称してミネラル(無機質)と呼びます。

ミネラルは、体の細胞を構成する体構成分として約4%存在し、体調節機能として様々な代謝活動に関わっています。ミネラルは、体内で生成できないため、食物から摂る必要があります。ミネラルの欠乏また過剰な摂取は様々な機能障害を招きます。

ミネラルの相互関係において、協力作用と拮抗作用があります。一般的に過剰なミネラルは他ミネラルの吸収を阻害したり、体外に排泄してしまいます。過不足のない適量のミネラルを摂取することが大切です。バランスのとれたミネラルの摂取方法は、毎日、いろいろな食品を食べることに尽きます。

ミネラルの働き

ミネラルは、ビタミンのように補酵素とは呼ばず、補因子(金属イオン)と呼びます。酵素の活性化を助ける働きをする物質が補助因子です。補助因子は、補酵素・補欠分子族・金属イオンに分けられます。ビタミンは補酵素、ミネラルは金属イオンで補因子と呼びます。酵素の働きを助ける点でビタミンもミネラルも同じですが、ミネラルは酵素の働きを助けるだけでなく、体組織の構成成分としても働きます。

体の構成成分として

  • 骨や歯の組織の構成分
  • 細胞膜に含まれる核酸などの組織の構成分
  • 血液やホルモン・酵素を構成する構成分
  • ほか、体組織に不可欠とされる成分の構成分

体の調整機能

  • 血液や体液の浸透圧・酸アルカリ平衡・水分平衡を正常に保つ
  • 筋肉の働きを正常に保つ
  • 血液の凝固・酵素反応が機能するための役割
  • 神経や筋肉が機能するための役割
  • ほか、体機能に不可欠とされる役割

必須ミネラルの種類

栄養素として不可欠な16種類のミネラルを必須ミネラルといいます。

カルシウム(Ca)・リン(P)・マグネシウム(Mg)・ナトリウム(Na)・カリウム(K)・塩素(Cl)・鉄(Fe)・銅(Cu)・亜鉛(Zn)・セレン(Se)・マンガン(Mn)・ヨウ素(I)・コバルト(Co)・硫黄(S)・モリブデン(Mo)・クロム(Cr)

 - 食品と栄養素の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事