女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

ビタミンB群の働き・過不足・食品(パントテン酸・ビオチン・コリン)

パントテン酸(ビタミンB5)は、体内で糖や脂肪酸の代謝に関わる酵素の補酵素として働きます。抗ストレス作用があり、善玉コレステロールを増やします。また、パントテン酸は、ビタミンB6・葉酸と一緒で免疫力強化になります。パントテン酸は体内の腸内細菌によっても合成されます。

ビオチン(ビタミンH)は、体内で二酸化炭素の固定・脱離・転移を司る酵素に結合して補酵素の働きをします。ビオチンはパントテン酸と共に酵素を作って、糖質と脂質の橋渡しをしながらエネルギーを取り出す働きをしますが、生卵白中のアビジンというアンチビタミンはビオチンと結合して、ビオチンの胃・腸での吸収を阻害します。ビオチンは、体内の腸内細菌によっても合成されます。

コリンは、血管を拡張させて血圧を下げるアセチルコリンの材料になります。コリン・不飽和脂肪酸・リン脂質でレシチン(細胞膜を作る)が作られるため、コリンは重要なビタミンです。

ビタミンB群:パントテン酸(ビタミンB5)の働き・過不足・食品

パントテン酸の働き
糖や脂肪酸の代謝に関わる酵素の補酵素の働きをする

パントテン酸が欠乏すると
皮膚炎、副腎障害、抹消神経障害、抗体生産障害、成長阻害

パントテン酸を多く含む食品
大豆、さつま芋、鶏卵、牛レバー、落花生(ピーナッツ)、食パン、牛乳、白米

ビタミンB群:ビオチン(ビタミンH)の働き・過不足・食品

ビオチンの働き
糖質・脂質・たんぱく質の代謝

ビオチンが欠乏すると
白髪、脱毛、食欲不振、皮膚炎、筋肉痛、けいれん

ビオチンを多く含む食品
牛・豚レバー、落花生(ピーナッツ)、クルミ、鶏卵、大豆、カリフラワー、タマネギ、イワシ

ビタミンB群:コリンの働き・過不足・食品

コリンの働き
レシチンとアセチルコリンの材料となり、脂肪肝予防、コレステロールの正常化をします。

コリンが欠乏すると
コリンとレシチンが不足すると、神経・細胞の力が衰え全身疲労につながります。また、コリンは脳の記憶形成を高める働きもあり、コリン欠乏による精神・神経の病気もあります。

コリンを多く含む食品
豚・牛レバー、鶏卵、大豆、エンドウ豆、豆腐、玄米、さつま芋、とうもろこし、牛乳

※水溶性ビタミンのビタミンB群には、パントテン酸(B5)・ビオチン(ビタミンH)・コリンの他に、B1(サイアシン)・B2(リボフラビン)・ナイアシン(B3)・B6(ピリドキシン)・B12(コバラミン)・葉酸(プテロイルグルタミン酸)があります。

※ビタミンB群は水溶性ビタミンで、摂り過ぎても体外に排出されので、過剰摂取の心配は殆どありません。ビタミンB群の大半は体内に蓄積できず、常に補う必要があります。

 - 食品と栄養素の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事