女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

ビタミンの働きと種類

五大栄養素のひとつであるビタミンは、三大栄養素の働きを助け体の機能を調節するのに不可欠です。ビタミンの種類は多く、微量で体内で働き、各ビタミンの生理作用(役割)は異なります。ビタミンは、ビタミンそれぞれの生理作用(役割)は違っても、連携してお互いの作用を促進したり強化したりする栄養素です。幾つかのビタミンに薬理作用があるとされ、現代人はB1不足といわれています。

ビタミンは、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類されます。脂溶性ビタミンは、体に蓄積されやすいので過剰摂取には注意を要します。水溶性ビタミンは、摂り過ぎてもすぐに排出されるので過剰摂取による心配は殆どないとされています。ビタミンB群は一つ不足すると作用しない組み合わせがあり、全体をバランスよく摂取することが必要です。また、ビタミンB群の大半は体内に蓄積できないため、常に補う必要があります。

脂溶性ビタミン:ビタミンA(レチノール)・ビタミンD(カルシフェロール)・ビタミンE(トコフェノール)・ビタミンK(フィロキノン)

水溶性ビタミン:ビタミンB群(B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸・コリン)・ビタミンC

 - 食品と栄養素の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事