女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

脂質の働き・過不足・食品

三大栄養素のひとつである脂質は、主にエネルギー源になる栄養素です。また、血液の成分や細胞膜や粘膜の構成成分になり、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の吸収を助けます。グラム当たりのとエネルギー量(カロリー)が高いので、脂質を摂りすぎると肥満になりやすく生活習慣病のリスクが高まります。その為、脂質を摂取するに当たっては量と質が問われます。

○1g当たり9kcalの効率のよいエネルギー源です。

脂質の体内での働き

脂質には、コレステロール・中性脂肪などの幾つかの種類があり、いずれも体に必要なものです。食品に含まれる脂肪は、唾液のリパーゼ(脂肪分解酵素)で一部分解され、脂肪の大半は小腸で吸収されます。胆汁・腸液・膵液に含まれるリパーゼは脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し体内に吸収します。食品中の脂肪の多くは中性脂肪として体内に蓄積され、エネルギーが必要になると、体内の中性脂肪が分解されエネルギーになります。脂肪酸には体内で合成されず食品から摂取しなければならない必須脂肪酸と呼ばれる脂肪酸があります。

体内で合成されない必須脂肪酸とは

必須脂肪酸(リノール酸・α-リノレン酸・アラキドン酸)は、体内で合成されないので食品から摂らなければなりません。欠乏すると皮膚炎・腎障害・小腸繊毛の形成障害などが起きます。肉・卵・魚に含まれるアラキドン酸が多すぎると血液の凝固・溶解に障害をきたして動脈硬化・高血圧・アレルギー疾患などのリスクが高まります。
必須脂肪酸は、体内ではn-3系とn-6系の2つに分けられます。片方が多くなるともう片方の働きが弱くなります。n-6系のリノール酸はγ-リノレン酸を経てアラキドン酸に変わります。そのため、高脂血症の予防に注目のリノール酸も、過剰摂取に問題があり、n-3系の脂肪酸とのバランスが肝心といわれています。n-3系のα-リノレン酸はEPA・DHAに変わります。

脂質を含む食品と過不足

 脂質が多く含まれている食品

  • 飽和脂肪酸(パルチミン酸・ステアリン酸・ミリスチン酸・ラウリル酸):バター、ラード、ヘッド
  • 不飽和脂肪酸
    • 一価不飽和脂肪酸・n-9系:オレイン酸:オリーブ油
    • 多価不飽和脂肪酸・n-6系:リノール酸:コーン油、サフラワー(紅花)、ひまわり油
    • 多価不飽和脂肪酸・n-3系:α-リノレン酸(えごま油、シソ油)、EPA・DHA(魚油)

 脂質の摂りすぎ・不足

脂質は糖質と同じく、取りすぎると体内に脂肪として貯えられるので、肥満の原因になります。
不足しすぎると、血管や細胞膜が弱くなったり、肌荒れの原因になります。

 - 食品と栄養素の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事