女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

女性ホルモンの種類と影響

卵巣から分泌される女性ホルモンの種類に、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。女性は一生をとおして女性ホルモンの影響を受けます。
女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)バランスの崩れは、生理不順・生理痛・月経前症候群・子宮内膜症・子宮筋腫、さらには子宮体ガン・乳ガンを悪化させる要因になります。また、エストロゲンの減少による更年期障害は、症状に程度の個人差がありますが、約6割の女性が経験するといわれています。

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンとは「エストロゲン」「プロゲステロン」を示し、女性ホルモンのバランスの崩れや、エストロゲンの減少による更年期障害など、女性は大きな影響を受けます。

 エストロゲン

エストロゲンとは、女性特有の丸みのある体をつくるホルモンです。例えば、乳房や性器の成熟、肌や髪のつやなどに関係します。また、自律神経、骨、皮膚、脳などにも大きく影響する重要なホルモンです。そして、妊娠しやすい子宮に整えてくれるホルモンです。卵胞期(月経開始日から排卵前まで)に分泌が高まります。この時期は活動的で魅力的な時期といえます。

 プロゲステロン

プロゲステロンとは、排卵を抑制して妊娠を継続させる働きをします。黄体期(排卵後から次の月経開始日までの約2週間)に分泌が高まり、生理が始まると減少します。プロゲステロンは妊娠を想定して分泌されるので、体を安静にしようと働きます。プロゲステロンはエストロゲンの作用を抑制したり、麻酔作用があるといわれ、脳機能を抑えるように働きます。ですから、この時期には、無理をしてイライラしたりするよりも、慣れていることを淡々とこなすほうが良いかもしれません。

※女性の一生で分泌される女性ホルモンの量は約スプーン1杯とか。また、男性にも女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性には男性の1/10の男性ホルモンがあるとされています。

※「更年期障害」は俗称で、医学的には「更年期不定愁訴症候群」のことです。

 - 女性ホルモンとは

PC用

PC用

  関連記事