女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

快眠のための冷房病対策

冷房病と睡眠は関係しています。睡眠が十分でないと自律神経のバランスがくずれます。冷房(クーラー)をつけて寝て、翌朝は体がだるいまま暑い一日がはじまり、暑いからまた冷房(クーラー)。夏ばてが進行し、冷房病も本格的になるという悪循環が起きます。冷房病対策には十分な睡眠が必要です。寝苦しいからといってクーラーをつけたままの睡眠は避けてください。冷房病だけでなく夏風邪の原因にもなります。真夏でも明け方は気温が下がります。できれば冷房(クーラー)は使わず扇風機を使います。冷房(クーラー)を使うならタイマー設定をします。

冷房病対策で快眠

 寝るときの冷房(クーラーの使い方)

クーラーの設定
体の深部の温度を下げると熟睡できるそうです。深部体温を低下させて体を休ませます。深部体温が下がりきらないで体の表面が涼しく感じると血管を収縮させて体深部の熱が放散されません。この観点から、クーラーの設定温度は26~28度になります。(国は省エネで設定温度28℃をすすめています。)

寝る前の温度設定
寝る暫らく前にクーラーの温度設定を26度にして少し涼しくしておきます。寝る間際に28度に上げ1時間タイマーにセットします。

 寝るときの冷房以外の工夫

快眠のための冷房以外の工夫のご紹介です。

○衣服はゆったりとした吸水性のよい綿素材の寝着にする(長袖、長ズボンのパジャマをおすすめします。)

○寝ござを使う
草の香りによるリラクゼイション効果や、吸放湿性でサラッとした感覚が快適です。寝ござは、時々風通しの良いところで日陰干しにしてください。

○アイスノンをつかう
首の後ろを冷やすと体の熱を下げます。

○入浴
冷房に長時間あたった日は、ゆっくり入浴して体の調子を整えます。ぬるめのお湯(38~40℃))で半身浴(腰湯)や、シャワーの時は足湯をしながらなどの工夫をします。入浴は末梢血管の血行をよくするので、冷え性・冷房病の予防・防止になりますし、リラックス効果でストレス解消にもなり、快適な睡眠を誘ってくれます。新陳代謝を促しますので美容にもよいです。

○夜更かしや夜の食事をしない
夏は夜更かしや夜の食事で生活リズムが乱れがちになります。生活リズムが崩れると自律神経の機能が低下します。規則正しい生活して翌日に疲れを持ち越さないようにします。

 - 冷房病(不適応症候群)

PC用

PC用

  関連記事