女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

上手な冷房の使い方で冷房病対策

高温多湿の日本で欠かせないクーラーですが、冷房(クーラー)に頼りすぎると、自分で体温調節ができなくなってしまいます。クーラーの使い方次第で冷房病(クーラー病)対策プラス経費節減にもなります。クーラーの使い方を間違えると夏ばて・冷え性を進行させてしまいます。夏ばて・冷房病・冷え性の防止・予防をしましょう。

冷房(クーラー)の上手な使い方

冷房病対策の基本

  • 室内温度と屋外温度の温度差を7度以内にします。
  • 冷房の設定温度を27~28度にします。
  • 冷気が直接肌に当たらないようにします。

風向は上向きに調節
冷たい空気は暖かい空気の下に入り込もうとします。風向きを下向きに冷気を送ると冷気が下に溜まって、足だけが冷え過ぎることになってしまします。

除湿機能を使う
湿度が15%違うと同じ室温で体感温度は1度下がります。

クーラーをこまめに掃除
クーラーのフィルターを1ヶ月掃除しないと効率が10%落ちるといわれます。同じ温度にするのに電気代が1割り増しになる計算です。フィルターが汚いと埃やカビが部屋中に広がって、嫌なにおいや病気の原因にもなってしまいます。面倒でもクーラーの掃除をしてください。

冷房以外の工夫で冷房病対策

クーラー以外の工夫のご紹介です。

扇風機を併用する
扇風機を冷房と同時に使うと空気の循環がよくなって室内全体が冷えます。空気が動くので体感温度も下がります。扇風機の置く位置はクーラーの真下が効果的です。注意すべきは、直接風が当たらないことです。直接風を受けると体が冷えすぎたり、関節痛や腰痛の原因になります。

カーテン・すだれ・幌を使う
夏の西日はとても強いですから、カーテン・すだれ・幌で室内に日が入らないように日差しを遮ります。すだれを家の外側につけると外壁が熱せられるのを防いで外壁から家の中に入ってくる熱を減らします。

打ち水をする
水が蒸発するときに周囲の温度を下げます。

落葉樹を窓際に植える
夏は葉が室内に入る日差しを遮り、冬は葉がないので日差しを室内に取り入れることができます。

 - 冷房病(不適応症候群)

PC用

PC用

  関連記事