女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

冷房病の原因と症状

冷房病は不適応症候群の一つです。冷房病は俗名です。女性に多く、冷房による体の冷えすぎや、室内と室外の温度差に身体が順応できずに手足腰の冷えや頭痛・疲労感などの症状があるのが冷房病です。夏ばての大きな原因になっています。
夏ばての予防は冷房病対策と微量栄養素欠乏症予防になりますが、十分な睡眠と正しい水分補給も大切です。

冷房病の原因

冷房(クーラー)の冷やしすぎ、冷風を直接体に当てる、温度差の激しい室内・屋外の出入りなどによる温度差ストレスが原因で、自律神経失調症を引き起こして体温調節ができなくなるだけでなく、様々な症状がでてきます。

 自律神経と体温調節

体温調節は自律神経と大きく関係しています。暑さや寒さを感じると、自律神経が血管を拡張・収縮させて、熱を放散させたり抑えたりします。自律神経は内臓・血管・ホルモンなどの働きをコントロールします。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この二つは、一つの器官に対して互いに相反する働きをします。

  • 暑い⇒自律神経⇒副交感神経⇒血管拡張⇒熱を放散
  • 寒い⇒自律神経⇒交感神経⇒血管収縮⇒熱の放散を抑える

室内と屋外の温度差が大きく、頻繁に温度差ストレスを感じると自律神経が失調をきたして様々症状が起きます。幼少時からの冷房使用で汗腺が減少して、汗をうまくかけない状態になってしまいます。汗は体温調節に大切です。

 冷房病が女性に多い理由

冷房病が女性に多い理由には、筋肉量や服装のほか、冷え性体質があります。

  • 筋肉量:女性は筋肉量が少ないので冷えを感じやすいです。
  • 服装:薄着であるため冷房の影響を受けやすく、スカート着用は下に溜まりやすい冷気の影響をうけやすいです。
  • 冷え性 :女性は体質的に冷え性が多いです。冷え性は、室温がそれほど低くなくても特に手足などの末梢が冷える症状で、成人女性の半数以上が冷え性ともいわれています。

冷房病の症状

  • 体や手足の冷え・ほてり、肩こり、しびれ、慢性疲労
  • めまい、のぼせ、倦怠感、頭痛、下痢、食欲不振
  • 便秘、不眠、肌荒れ、生理不順、神経痛
  • 風邪をひきやすい、トイレが近い、イライラ

 - 冷房病(不適応症候群)

PC用

PC用

  関連記事