女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

月経前症候群(PMS)の治療

月経前症候群(PMS)の治療は、原因が不明であることから、症状の緩和が中心になります。症状に応じた治療として、対症療法・ホルモン療法・ビタミン療法・運動療法・心理療法などがありますが、決定的な治療方法がないのが現状です。
月経前症候群(PMS)の治療は、症状が様々であることから試行錯誤が必要で、数ヶ月から1年以上かかる場合があります。基本的には、ライフスタイルをかえてストレスをさけるようにします。

月経前症候群(PMS)の女性は本人が辛いだけでなく、家族・職場の人など周囲にも少なからず好ましくない影響を与えます。例えば、イライラしたり集中力が下がれば仕事・家事・勉強の効率を下げますし、周囲の人たちも不必要な気をつかったりします。ですが、その気分をコントロールしずらいのが月経前症候群(PMS)です。ですから、適切な治療をしましょう。婦人科を訪れ相談することも考えてみましょう。

 - 月経前症候群(PMS)

PC用

PC用

  関連記事