女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

月経前症候群(PMS)の原因と症状

月経前緊張症とも呼ばれる月経前症候群(PMS)とは、排卵後から月経開始までの二週間位の精神的・身体的な症状です。月経前症候群(PMS)は月経が始まると減退・消失します。月経前症候群(PMS)の原因はホルモンバランス・栄養不足・セロトニンによる諸説がありますが解明されていません。
月経前症候群(PMS)は、症状の主体が精神緊張であるために、月経前緊張症(PMT)とも呼ばれます。月経前緊張症(PMT)は月経前症候群(PMS)に含む精神症状との考え方もあります。月経前不機嫌性障害(PMDD)は月経前緊張症(PMT)よりもさらに強い精神的症状で日常生活に支障をきたすとして区別されています。

月経前症候群(PMS)の症状

月経前には女性なら必ずなんらかの症状があるはずです。日常生活に影響がでる程に症状が重いならPMS(月経前症候群)と診断されます。ですが、精神的症状は自覚症状が主訴であるため、気質的疾患・神経症・うつ病などの他疾患との客観的判断に基づいた鑑別が必要とされます。

  • 身体的症状:胃痛、下腹部痛、乳房痛、頭痛、吐き気、便秘・下痢、むくみなど
  • 精神的症状:イライラ、怒りっぽい、眠気、憂鬱感、集中できない、気力がない、不安になるなど

 - 月経前症候群(PMS)

PC用

PC用

  関連記事