女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

若年性更年期障害の予防

若年性更年期障害の予防・改善は、生活習慣を見直して本来の女性ホルモンの分泌が行われる環境づくりに尽きます。日ごろの生活が女性の体(女性ホルモン)を左右します。若年性更年期障害の予防・改善は、当たり前の事に聞こえますが、日ごろの生活パターンが女性の体(女性ホルモン)に大きく影響するため、生活習慣を見直すことから始まります。

若年性更年期障害の予防方法

◯栄養バランスのとれた食事
ビタミンEは「若返りのビタミン」として知られ、ホルモンバランスの調整やホルモン分泌に関わる自律神経のコントロールに効果的といわれています。末梢神経の血流も良くするので、多くの血液が集まる子宮にとって大切な栄養素です。サプリメント(健康食品)で栄養補充することも考えてみましょう。欠食や偏った栄養摂取による肥満は大敵です。

◯適度な運動
運動不足は血液循環がわるくなり栄養の代謝も低下します。適度な運動は、血流がよくなって卵巣機能が高まります。また、ストレス発散効果があります。ハードな運動は逆効果です。

◯リラックスする
気分転換ができてホッとできる時間を作りましょう。例えば、ゆっくり入浴するのは血行もよくなりリラックス効果があります。ストレスでイライラしている時の呼吸は浅く不規則です。意識的にゆっくり深い呼吸をするとリラックス効果があります。

◯ストレスを避ける
ストレスは女性ホルモン分泌を司る脳(視床下部・下垂体)に悪影響を及ぼします。脳はストレスに弱いです。細かい事が気になる、くよくよする人は視床下部の影響でホルモン分泌がしずらいそうです。

◯睡眠の質を高める。
睡眠は女性ホルモン分泌に影響します。ノンレム睡眠の状態で女性ホルモンの分泌が促されます。

◯肥満・激やせにならないようにする

◯タバコを止める
喫煙は血管を収縮させて各臓器への血液の量を減少させます。

◯体の不調をそのままにしない
気になる症状がある時は婦人科の受診するなど、積極的に体調を改善しましょう。

 - 若年性更年期障害

PC用

PC用

  関連記事