女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

若年性更年期障害の原因症状

若年性更年期障害とは、若い女性の更年期障害と似た症状の俗称です。若年性更年期障害は一時的な女性ホルモンの減少やバランスの乱れが原因です。若年性更年期障害は、更年期障害(更年期不定愁訴症候群)とは似て異なるものです。10代・20代・30歳代の若い女性に更年期障害と似た症状が現れるため、若年性更年期障害という医学用語ではない言葉(俗称)が生まれました。
この若年性更年期障害の基本(初期)原因は、栄養欠乏、生活習慣、ストレスなどによる一時的な女性ホルモンの減少やバランスの乱れで、卵巣機能の低下による更年期障害とは違います。ですが、いわゆる若年性更年期障害を放置しておくと、不妊など致命的な結果を引き起こす場合もありますので、改善が望まれます。また、特定の病気の症状であることがありますので、気になる症状がある場合は婦人科を受診することが大切です。

若年性更年期障害の原因と症状

若年性更年期障害の原因は、無理なダイエット、人間関係や仕事上のトラブルなどからのストレス、夜更かし・運動不足などの不摂生により、女性ホルモンのバランスが乱れです。その結果、更年期障害様の症状が現れます。

  • 身体的症状:生理不順、無月経、ほてり、肩こり、脱毛、手足の冷え、など
  • 精神的症状:イライラ、不安、うつ、不眠など

 - 若年性更年期障害

PC用

PC用

  関連記事