女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

乳がん(乳癌)の病院の選び方

乳がん(乳癌)の病院選びは慎重に行いましょう。乳がん(乳癌)は遠隔転移しやすく、5年・10年後に再発することがあるため、手術後の経過観察が重要になります。また、再発予防に、担当医と相談しながら根気よく乳がん(乳癌)の治療を続けることになります。乳がん(乳癌)の治療・手術には情報を集め、自分にとってよい病院と主治医にめぐりあいたいものです。

乳がん(乳癌)の症状かも、と思ったときは専門医のいる乳腺外科、乳腺科、乳腺専門外来のある病院を受診します。

乳がん(乳癌)の検査・治療・手術には、がん専門病院・大学病院・総合病院などがあります。それぞれの医療機関で特徴があり、例えば、大学病院やがん専門病院は、診療の他に教育・研究の役割があります。自分にとってよい病院と主治医を見つけるには、病院の特徴を知っておくことも必要です。

乳がん(乳癌)の病院の選び方のポイント

乳がん(乳癌)の病院選びのポイントは、

  • 乳腺外科・乳腺外来がある病院か
  • 乳腺専門医がいる病院か
  • 標準治療が行われている病院か
  • 通院が無理なくできる病院か
  • 病院の評判はどうか
  • 治療の実績はどうか

などです。

乳がん(乳癌)は、手術だけでなく手術後の長い期間に経過観察をし治療する病気ですから、主治医との信頼関係を築けるかが非常に大切になります。

  • 乳腺の専門医か
  • 納得できる分かりやすい言葉で説明してくれるか
  • どんな質問にも嫌がらずに答えてくれるか
  • 誠実な態度で応じてくれるか
  • 自分との相性はよいか
※日本では、地域や病院によって乳がん(乳癌)の診療内容にバラツキがあり、どこでも同じ検査・治療・手術を受けられるという状況にありません。これを受けて、日本乳癌学会は、1998年から乳がんの認定医・専門医制度をスタートしました。

 - 乳がん(乳癌)

PC用

PC用

  関連記事