女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

乳がん(乳癌)の手術の傾向

乳がん(乳癌)治療方法の選択肢が増えたこともあり、乳房を切除する範囲は小さくなってきています。手術後はリハビリが行われ、手術で摘出された組織の病理検査の結果によって手術後の治療方針が決められます。

乳がん(乳癌)の全摘手術と乳房温存手術

乳がん(乳癌)の手術には、乳房切除術(全摘手術)と乳房温存手術(部分切除術)があり、それぞれ長所・欠点があります。主治医と十分話し合って、治療方法を理解し納得した上で治療法を選ぶことが大切です。

乳房温存手術は手術後に放射線治療・抗がん剤治療などを行う治療方法になります。乳房切除術でも乳房温存手術でも、基本的に腋窩リンパ節郭清が行われます。この腋窩リンパ節郭清で腕内側のピリピリ感や無感覚、肩の可動範囲の制限、リンパ浮腫などの障害が起こることがあります。

腋窩リンパ節郭清の省略が可能かどうかの確認方法としてセンチネルリンパ節生検があります。乳がんの病巣から最初にセンチネルリンパ節に流れるとされ、センチネルリンパ節に転移がなければその先の腋窩リンパ節を切除する必要はないとザンクトガレン乳がん国際会議で正式に認められました。一方で、他転移の可能性があるとの意見があり、センチネルリンパ節生検を実施できる施設も限られています。

乳がん(乳癌)の乳房再建術

乳がん(乳癌)の乳房再建術の手術は、乳がんの手術中に行う再建術と、乳がんの手術後に一定の期間を置いてから再発・転移がないことを確認してから行う再建術があります。再建手術には、自分の組織や人口素材を用います。

 - 乳がん(乳癌)

PC用

PC用

  関連記事