女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

乳がん(乳癌)の検査検診

乳がん(乳癌)の早期発見には、定期検診と自己検診です。乳がん(乳癌)は早期治療が大切です。乳がんの好発年齢は40歳代~50歳代ですが、年齢30歳を過ぎたら積極的に検診・検査を受けてください。乳がんの早期発見には年1回の定期検診が大切です。自己検診で見つけられない小さなしこりが見つかることがあります。
乳がん検診には、自治体検診、職場検診、個別検診があります。自治体検診は自治体によって検診内容や自己負担額が異なります。自分で検査機関を選んで受ける個別検診は全額自己負担で健康保険の適用外になります。

乳がん(乳癌)の検査の種類

視触診
乳がんやリンパ節を見たり触ったりして「しこり」を見つける方法です。専門医による触診と自己検診が早期発見に繋がります。

画像診断
視触診で発見しにくい小さな腫瘍やがん細胞を発見するのに有効な検査方法です。マンモグラフィー検査や超音波検査の他に、MRI検査やCT検査があります。マンモグラフィー検査と超音波検査を合わせて行うのが効果的といわれています。
マンモグラフィー検査
乳がん(乳癌)のマンモグラフィー検査は、乳房を装置に挟んで圧迫してエックス線撮影する検査です。上下左右4枚撮影します。マンモグラフィー検査の乳がん発見率は超音波検査と比して2~3倍と有効な検査方法とされています。マンモグラフィー検査は触診ではわからない小さな乳がんの発見に加えて、しこりを作らない乳がんや石灰化を見つけることができます。
マンモグラフィー検査は痛いとよくいわれます。ある程度強く挟まないとよい検査結果が望めません。痛みには個人差がありますが、生理前1週間は乳腺が張って痛い時期ですから、その時期を避けて検査をうけると比較的痛くない検査になります。
超音波検査(エコー検査)
乳がん(乳癌)の超音波検査(エコー検査)は、乳房の皮膚の上から周波数の高い超音波を当て乳房内部から返ってくる音波変化を画像変換したもので診断します。超音波検査(エコー検査)は、触診ではわからない小さな乳がんを発見します。乳腺組織が発達している場合はマンモグラフィー検査よりも超音波検査の方がしこりを発見しやすいようです。簡単で痛みもなく検査費用も比較的安価ですが、検査結果にバラツキがあるようです。

腫瘍マーカー検査
乳頭の分泌物中の腫瘍から作られる特有物質CEAの値を調べます。また、血液中の乳がんから分泌される特異物質である腫瘍マーカーを検査します。

細胞診・組織診
しこりに注射針を刺して細胞を吸い取り調べる穿刺吸引細胞診や、しこりの一部または全部をメスで切除して行う組織診があります。
乳がん(乳癌)の穿刺吸引細胞診は、しこりが見つかった場合に、しこりに細い注射針を刺して細胞を吸い取り、ガンかどうか調べる検査です。80~90%の割合で鑑別できるようです。乳頭からの分泌物細胞診もあります。
細胞診で鑑別できない場合に、しこりの一部または全部をメスで切除して組織診をします。近年では、太い針を刺してしこりの一部の組織を採取する針生検(針組織診)もあり、メスでの切除に比べて安全で、傷も殆ど残らず短時間で検査ができる検査方法とされています。

遠隔転移の検査
遠隔転移があるかどうかの診断のためには、胸部レントゲン撮影、肝臓のCTや超音波検査、骨シンチ(アイソトープ検査)などがあります。

 - 乳がん(乳癌)

PC用

PC用

  関連記事