女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

乳がん(乳癌)の特徴と種類

乳がん(乳癌)の初期は無症状ですが、乳がん(乳癌)が大きくなるにつれて自分でも分かるようになります。乳がんは比較的小さい時期から遠隔転移すると考えられています。乳がん(乳癌)は早期発見による早期治療に尽きるため、検診・検査が大切になります。

乳がん(乳癌)の約80%が乳管がんで、約90%が浸潤性乳がんです。がん細胞は比較的小さい時から乳腺組織からリンパや血液にのって乳腺から離れた臓器(肺、肝臓、骨など)に遠隔転移するとされています。転移巣が大きくなると症状が出たり、検査で検出されたりします。治療方針は腫瘍の大きさ・再発リスクの程度・年齢などにより決められます。35歳を過ぎると乳がんの発症率は急に高くなります。検診・検査で早期発見・早期治療が大切です。

乳がん(乳癌)の種類

いわゆる乳がん(乳癌)は乳腺組織から発生するがん(乳がん)で、乳管がんと小葉がんに大別されます。約80%が乳管がんで、残り10%が小葉がんとごく稀にある特殊型の乳がん(乳癌)です。乳管がんは、母乳を運ぶ乳管から発生する乳がん(乳癌)です。小葉がんは、母乳を作る腺房から発生する乳がん(乳癌)です。

 浸潤性と非浸潤性の乳がん

乳がん(乳癌)は、浸潤性と非浸潤性に大別され、多くが浸潤性です。

非浸潤性
乳がんが小葉や乳管の中に限局して周囲に拡がらないのが非浸潤がんです。非浸潤がんは乳がんの約10%で、転移がなく手術でほぼ完治するとされています。乳管内がん、小葉がん、嚢胞内がん、ページェット病(パジェット病)があります。

浸潤性
乳がんの約90%を浸潤がんが占めます。増殖したがん細胞が周りの組織を破壊して拡がっていくのが浸潤がんです。

 通常型と特殊型の乳がん

  • 通常型:乳頭腺管がん、充実腺管がん、硬がん
  • 特殊型:粘液がん、髄様がん、浸潤性少葉がん

 - 乳がん(乳癌)

PC用

PC用

  関連記事