女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

乳がん(乳癌)の原因

乳がん(乳癌)の原因には、女性ホルモン、肥満、ライフスタイルが関係しています。乳がん(乳癌)の治療も進歩しており、初期の乳がん(乳癌)では乳房の温存手術も可能です。定期検診と自分で行う「自己検診」の組合わせが、乳がん(乳癌)の早期治療を可能にします。

乳がん(乳癌)になる原因

女性ホルモン(エストロゲン)
乳癌(乳がん)の発生と進行は女性ホルモン(エストロゲン)が影響していると考えられています。乳癌(乳がん)の発症率の増加は、初潮時期が早くなり閉経の時期が遅くなることで女性ホルモンの影響を受ける期間が長くなったことが影響していると考えられています。

肥満
脂肪組織には女性ホルモン(エストロゲン)を合成する酵素があります。肥満ということは脂肪量も多いことになり、女性ホルモンが多く作られることになります。特に閉経期以降の肥満は乳がんの促進因子になるといわれています。更年期の肥満女性は乳癌(乳がん)に気をつけなければなりません。更年期には太りやすいので、更年期の女性は適度な運動とバランスの良い食事を心がけてください。検診・検査が大切です。

ライフスタイル
結婚や出産の高年齢化や出産回数の減少などのライフスタイルが影響していると考えられています。また、食生活の欧米化で、コレステロールが卵胞ホルモンの過剰分泌を促すのではないかと考えられています。

 - 乳がん(乳癌)

PC用

PC用

  関連記事