女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

乳がんになりやすい人チェック

乳がん(乳癌)になりやすい人がいます。リスクチェクしてみませんか?20~30人に1人が乳がん(乳癌)になるともいわれています。乳がん(乳癌)になりやすい年齢(発症年齢)は、40歳代~50歳代が最も多く、次に年齢60歳代、年齢30歳代です。
乳がん(乳癌)は、乳房の中の乳腺(乳管・腺房)から発生する悪性の腫瘍です。日本女性の乳がん(乳癌)は年齢に関係なく年々増加傾向にあります。女性ホルモンや食生活が関係し、さらに更年期(閉経後)の肥満も危険因子であるといわれています。
乳がんの診察は、産婦人科・一般外来・内科ではありません。自己検診(セルフチェック)でしこりや異常を見つけたり、気になることがあったら、迷わず速やかに乳腺専門医がいる「乳腺外科」「乳腺専門外来」のある病院で受診してください。治療手術に際しては情報を集め、病院選びは慎重に行いましょう。

乳がんのリスクチェック

次の項目をチェックしてみてください。チェックが多ければ多いほど乳がん検診が大切になります。

  • 年齢40歳以上
  • 初産年齢が30歳以上(出産経験がない人も含む)
  • 初潮年齢が11歳以下
  • 閉経年齢が55歳以上
  • 標準体重より+20%以上の肥満(特に閉経後の肥満)
  • 良性の乳腺疾患の既往がある
  • 乳がん(乳癌)の既往がある
  • 家族や親戚に乳がん(乳癌)になった人がいる
  • 長期間(10年以上)のホルモン補充療法(更年期障害の治療)を受けている

 - 乳がん(乳癌)

PC用

PC用

  関連記事