女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

子宮頸がん治療と予後・再発

子宮頚がんの治療の方法は病期(子宮頸がんの進行状況)や子宮頸がんのタイプにより異なりますが、手術か放射線治療を選択または併用する治療方法が世界的な標準治療になっています。
近年の子宮がん検診(子宮頸がん検診・検査)の普及で早期診断が可能のため、比較的治療しやすく予後のよいがんといえるかもしれません。
子宮頸がんの治療には、手術、放射線治療、化学療法があります。子宮頸がんの標準治療は、「手術か放射線治療を選択もしくは併用」です。化学療法は、がん(癌)の進行によって手術や放射線だけでは十分な効果が期待できない場合に放射線治療と併用したり、放射線治療の効果ががない種類の子宮頸がん(腺がん)に単独で使用されたりします。

子宮頸がん治療

腺がんの治療は扁平上皮がんと同じ治療法が用いられています。

子宮頸がんの手術
子宮頸がんの手術は病期によって異なります。子宮頸部円錐切除、子宮全摘、両側付属器切除、子宮全摘(リンパ節郭清)があります。

子宮頸がんの放射線治療
子宮頸がんの放射線治療は、放射線を子宮頸がんの病巣に照射する治療です。扁平上皮がんの場合は手術と同等の治療効果が期待できますが、腺がんの場合はあまり有効とされていないようです。
放射線治療は、子宮頸がんの病巣だけでなく他の臓器にも放射線が当たるため後遺症が残ることがあります。

子宮頸がんの化学療法(抗がん剤)
化学療法(抗がん剤治療)は、子宮頸がんの病期が進んだりして手術や放射線療法では対応できない、病巣(がん)が大きく放射線治療だけでは十分な効果が期待できないときに検討される治療法です。放射線療法で対応しきれない腺がんにも適用されます。
抗がん剤を使用すると、さまざまな副作用が起こります。主な副作用としては、白血球減少、ヘモグロビン減少、血小板減少、脱毛、吐き気、食欲不振、発熱、倦怠感、下痢、筋肉痛、関節痛、肝機能異常、腎機能異常などです。

子宮頸がんの予後と再発

病期が進むほど予後は悪くなります。初期がんは根治治療がされていれば再発はないといってよく、5年生存率はほぼ100%です。進行がんの場合は進行程度によって再発リスクは高くなり、生存率は下がります。子宮頸がんの再発とは、治療で治ったようでもわずかに残ったがん細胞が増殖した状態です。再発には局所再発(骨盤内に限局した局所的な再発)と遠隔転移再発(原発の病巣から離れた肺や肝臓などの臓器に転移した再発)があります。
腺がんは、扁平上皮がんよりも早期から転移しやすく、放射線療法や抗がん剤治療が効きにくいため、扁平上皮がんと同じ病期であっても予後が悪いと考えられています。

※リンパ節郭清とは、がんの摘出手術の際、周囲のリンパ節を含むすべての組織(転移している可能性のある疑わしい組織)を徹底的に取り除くことです。

 - 子宮頸がん

PC用

PC用

  関連記事