女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

子宮頸がん検査の種類

子宮頸がんの検査にはいくつかあり、症状や病期にあった検査が行われます。子宮頸がんの検査には、子宮頸部細胞診、HPVウイルス検査、子宮頸部組織検査、コルボ診、画像診断、超音波検査などがあります。

子宮頸部細胞診:子宮頸部の表面をこすっり取って細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞の有無を検査する検査方法です。広範囲の細胞を採取できるという特徴があります。一般的な子宮がん検診(子宮頸がん検診)に使われています。

HPVウイルス検査:子宮頸がんの原因であるHPVの感染の有無を調べる検査方法です。子宮頸部の細胞を用いて、子宮頸がんの原因である高リスク型HPVに感染していないかどうか調べます。

子宮頸部組織検査:子宮頸部の一部分を小さく切り取り顕微鏡で観察して判定します。極めて少量の組織片での検査ですから、検査に伴う痛みはあまりなく、出血も少量で済むようです。この組織検査は、子宮頸部異型上皮の悪性度合いや、がんの進行度を評価します。

コルボ診:コルボスコープとよばれる拡大鏡で子宮の入り口(子宮頸部)を観察します。組織片を採取する組織診の場合の併用検査でもあります。

画像診断:肉眼で明らかにがんがある場合や、診察・検査でがんの可能性が高い場合に、CTやMRIなどの画像診断でがんの進行具合を調べる方法です。1cm以下の小さな病変は分からない場合があるようです。

超音波検査:臓器の断層像を得て子宮の状態を確認します。

 - 子宮頸がん

PC用

PC用

  関連記事