女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

子宮筋腫の種類と症状

子宮筋腫の症状は子宮筋腫の種類や筋腫の大きさによって異なります。子宮筋腫の約95%が子宮体部の筋腫です。筋腫のできる子宮体部の部位(筋層内筋腫、漿膜下筋腫、漿膜下筋腫)や筋腫の大きさによって症状や症状の程度が異なります。筋層内筋腫が最も多いです。

子宮筋腫の種類

 筋層内筋腫

筋層内筋腫では、子宮筋層の中に筋腫ができます。最も発生頻度が高いとされる子宮筋腫です。筋腫の大きさが小さいうちは症状はありませんが、筋腫が大きくなると月経痛や過多月経(月経時の出血が多い)が起き、下腹部を触るとしこりがわかるようになります。

 漿膜(しょうまく)下筋腫

漿膜(しょうまく)下筋腫では、子宮の外側に向かって筋腫が大きくなります。自覚症状が少ないです。筋腫の大きさの変化に伴い、他の臓器を圧迫して、頻尿や腰痛などの症状がでることがあります。有茎漿膜下筋腫(漿膜下筋腫に茎がついたもの)で、稀にですが茎捻転を起こすと激しい傷みがあります。

 粘膜下筋腫

粘膜下筋腫では、子宮内膜に向かって筋腫が大きくなります。筋腫の大きさが小さいうちから自覚症状(過多出血や不正出血)が強く現れます。不妊の原因にもなります。粘膜下筋腫から有茎粘膜下筋腫(粘膜下筋腫に茎がついたもの)に進行すると出血量がより増加します。稀にですが茎捻転を起こすと激しい傷みがあります。

 頸部筋腫

筋層内筋腫、漿膜(しょうまく)下筋腫、粘膜下筋腫は子宮体部の筋腫ですが、子宮頸部で筋腫が大きくなる頸部筋腫がありあます。生理痛の原因になったり、他臓器を圧迫して頻尿になったりします。

 - 子宮筋腫

PC用

PC用

  関連記事