女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

子宮筋腫の症状

更年期の閉経後は筋腫が縮小するため、症状も軽減していきます。例外もあります。子宮筋腫の症状はおよそ次のとおりです。

月経異常
過多月経、月経痛、月経期間の延長などがあります。

  • 過多月経:月経時の出血量が多く頻繁にナプキンを取り替えないと間に合わなかったり、レバーのような血の塊がでたりします。
  • 月経痛(生理痛):子宮内膜が圧迫されたり引き伸ばされたりして、強い月経時の痛みが起きます。稀ですが、有茎筋腫の茎がねじれると激痛が起きます。

不正子宮出血
月経時以外に出血があります。

貧血
子宮出血が多く長期間の場合は慢性貧血の原因になり、全身倦怠感などが起きることがあります。(慢性鉄欠乏貧血、めまい・息切れ・動悸など)

下腹部痛・腰痛・便秘・頻尿
子宮筋腫が大きくなると骨盤内神経や他臓器が圧迫されて起きます。

不妊
子宮筋腫患者の不妊率は一般の女性よりも高いと考えられています。

合併妊娠
筋腫合併妊娠では、流早産を引き起こしたり、分娩の進行を遅らせたり、陣痛が弱くなることがあります。

 - 子宮筋腫

PC用

PC用

  関連記事