女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

子宮筋腫と年齢・閉経

女性ホルモンは20~30歳代がピークで、30歳代後半から徐々に減少し始め、更年期の閉経前後から急激に減少します。子宮筋腫の好発年齢は年齢40歳代で、成人女性の4人に1人が持っているといわれています。近年では、初潮が早まり出産回数も減っていることから、エストロゲンが分泌している期間が長くなり、子宮筋腫の発生頻度が増しています。
更年期の閉経後に通常は子宮筋腫は縮小し、それに伴い症状も軽減していくとされています。

子宮筋腫と閉経(更年期)

更年期にあたる女性の場合は、筋腫の大きさの変化を定期的な検診・検査で経過観察します。更年期の閉経前後に女性ホルモンが激減します。子宮筋腫がエストロゲン(女性ホルモン)の影響を大きくうけると考えられていることから、更年期(閉経後)にあたる女性の子宮筋腫は通常は縮小すると考えられています。
更年期(閉経後)の子宮筋腫の傾向が縮小であったとしても、例外的に成長をすることもあり、また稀ですが子宮肉腫になることもあります。更年期だからといって安心できるわけではありません。更年期であっても定期的に検診・検査を受けることが必要です。

 - 子宮筋腫

PC用

PC用

  関連記事