女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

卵巣の病気(良性腫瘍・卵巣がん・卵巣炎など)

卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあって、親指程の大きさで、うずらの卵のような楕円形の臓器です。卵巣には、排卵と女性ホルモンを分泌する働きがあります。卵巣の病気には、卵巣炎、良性卵巣腫瘍、悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)をはじめ、多嚢胞性卵巣症候群などの排卵障害や、早発性卵巣機能不全や早発性卵巣萎縮症などがあります。卵巣は肝臓と同様に「沈黙の臓器」と呼ばれます。

卵巣の腫瘍(良性卵巣腫瘍・卵巣がん)

卵巣は性腺であることから、その構成は、他臓器と同様の粘膜上皮や間質の他に、胚細胞(卵細胞)や性索間質細胞(胚細胞が卵子に成熟するのを助ける細胞)を有します。そのため、卵巣腫瘍には非常に多くの種類があります。1)表層上皮・間質性腫瘍、2)性索間質性腫瘍、3)胚細胞性腫瘍、4)その他、の4種類に大きく分けられ、それぞれは、更に良性・悪性・境界悪性(良性と悪性の中間型)に分けられます。卵巣腫瘍は、1)が75~80%、2)が5%、3)が15~20%で、80%は良性とされています。

腫瘍の内容物によって、嚢胞性腫瘍と充実性腫瘍の2種類に大別されます。嚢胞性腫瘍の内容物は水様液で、さわるとブヨブヨしています。漿液性嚢胞腺腫・粘液性嚢胞腺腫・成熟性嚢胞奇形腫に分けられます。良性腫瘍の多くが嚢胞性腫瘍です。充実性腫瘍は硬いシコリ状で、実質組織が認められます。充実性腫瘍は、悪性70%、境界悪性腫瘍15%とされています。そして充実性の病変が均一ならば良性、不均一ならば悪性の可能性が極めて高いとされています。
20歳未満の卵巣腫瘍は良性腫瘍の成熟嚢胞性奇形腫(胚細胞性腫瘍)が多く、20歳~50歳では、嚢胞性腫瘍85%、充実性腫瘍15%です。50歳以上(更年期以降)になると、充実性腫瘍が60%に増加します。嚢胞性腫瘍の殆どが良性腫瘍であるのに対して、充実性腫瘍の70%は悪性(がん)です。これは、閉経後の卵巣腫瘍の半数は悪性腫瘍(卵巣がん)であることを意味します。

良性腫瘍の場合は、腫瘍が小さければ経過観察ですが、腫瘍が大きくなったり、腫瘍がねじれる茎捻転(けいねんてん)を起こした場合は摘出手術をすることがあります。
悪性腫瘍(卵巣がん)の場合は、初期では自覚症状は殆どなく、かなり進行して卵巣が腫瘍で肥大すると、下腹部に違和感を感じたり、腹水(腹部に水がたまる)で膨満感を感じるようになります。治療は、一般的に病巣を取り除いた後に抗がん剤治療に移行します。

卵巣の病気は自覚症状が乏しいですから、早期発見・早期治療のために、年に1回の婦人科検診をおすすめします。一般的な検査・診断は、内診、触診、エコー(超音波)などで卵巣腫瘍の大きさ・性状を診て、血液検査、必要に応じてCTやMRIなどで腫瘍が良性か悪性かをみます。次のような症状は、卵巣に異常がある可能性があります。病院を受診してください。

  • 太ったわけではないのに、最近、下腹部の膨らみが目立つ
  • 下腹部痛や腰痛がある
  • 下腹部を触ると、しこりのような膨らみを感じる
  • 経血の量が急に増えたり、月経痛が強くなった
  • 最近、便秘や頻尿になった

卵巣炎

卵管が細菌感染によって炎症を起こして、卵巣に炎症が及んで卵巣炎を併発します。これを子宮付属器炎と呼びます。主な原因菌は、ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、淋菌で、クラミジア感染が増加傾向にあります。感染は膣⇒子宮⇒卵管の上行感染が殆どですが、結核菌の病巣などからの下行感染もあります。急性期症状は下腹部の痛みで、発熱を伴うことがあります。炎症がひどい場合は吐き気・嘔吐・不正出血などの症状があります。抗生物質や消炎剤で炎症を抑える治療を行います。炎症が治まっても、慢性化して他臓器への癒着による腹痛・腰痛・月経痛やしこりが残った場合は、手術が必要になることがあります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

最近増えている月経不順の原因に、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があります。卵巣の皮膜が厚くなって排卵しにくい(成熟した卵子が外にでにくい)病気(排卵障害)です。卵巣は排卵されない卵胞がたまって肥大化し、月経異常や無排卵月経といった不妊の原因になります。

早発性卵巣萎縮症

女性の若年層における「卵巣の機能が低下し、萎縮し卵子を放出できない状態」は「更年期の加齢による卵巣の萎縮」ではなく、性腺刺激ホルモンの減少による卵巣の廃用性萎縮の結果です。「早発性卵巣萎縮症」があげられます。

早発性卵巣機能不全

20~30代で卵巣機能がストップしてしまうことが稀にあります。「早発性卵巣機能不全」です。更年期に起こるはずの閉経が早く訪れます。 性腺刺激ホルモンの刺激を受けても、卵巣機能が正常に働かない状態です。

 - 卵巣・子宮の病気

PC用

PC用

  関連記事