女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

橋本病の症状

橋本病の唯一の初期症状は甲状腺の腫れ(甲状腺腫)です。自己抗体で少しずつ甲状腺組織が破壊されて、甲状腺に慢性的な炎症が起こり、甲状腺が腫れてきます。これが甲状腺腫です。橋本病の甲状腺の腫れは徐々に大きくなっていくことが多く、橋本病の一部に甲状腺機能の低下が現れます。

橋本病の約70%は甲状腺機能の低下は見られず、残り30%のうち10%ほどに明らかな甲状腺機能低下症が認められ、20%ほどは検査で甲状腺ホルモン不足が見つかるといわれています。甲状腺腫の大きさの度合いと甲状腺機能の低下とは比例しません。また、甲状腺腫があるだけで他に症状がない場合は、橋本病に気づかずに生活していることも多いです。甲状腺機能低下症は更年期障害や鬱(うつ)と間違われたりします。甲状腺機能低下症が進行すると、全身の新陳代謝が悪くなっていきます。老け込んだり、歩行ができなくなったりします。高齢者では甲状腺低下症の症状が認知症と勘違いされることがあります。

橋本病の首の腫れ(甲状腺腫)

バセドウ病の甲状腺腫に似ていますが、橋本病の方が比較的硬く、シコリのように感じられることがあります。また、バセドウ病のように表面は滑らかでなく、橋本病では表面がゴツゴツしているように感じることが多いといわれています。
橋本病による甲状腺腫が呼吸器官や食道を圧迫して飲み込みずらいとか呼吸がしにくくなることはありませんが、腫れが大きくなると下を向いたときに首に違和感を感じることがあります。急に炎症症状が悪化(急性憎悪)しない限り、痛みを伴いません。急に腫れが大きくなった場合は注意が必要です。甲状腺悪性リンパ腫の可能性があります。

橋本病(甲状腺機能低下症)の症状一覧

  • 全身症状:寒がり、疲れやすい、食事の量は増えていないのに太る(体重増加)、動作が鈍い、声かれ、低音
  • 体温:低体温
  • 顔・首の症状:むくみ、甲状腺腫大、喉の異物感
  • 神経・精神症状:意欲減退、物忘れ、眠気、思考力低下、反射遅延
  • 循環器系症状:息切れ、徐脈(脈拍数が少ない)、むくみ、心肥大
  • 消化器系症状:食欲不振、舌の肥大、便秘
  • 皮膚の症状:発汗しない、乾燥肌、脱毛、眉が薄くなる、皮膚蒼白
  • 筋肉・骨格に関わる症状:脱力感、筋力低下、肩こり、筋肉疲れ
  • 生理(月経):生理不順(月経不順)、過多月経
  • 血液:コレステロール上昇、肝機能障害、貧血

 - 橋本病(甲状腺機能低下症)

PC用

PC用

  関連記事