女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

バセドウ病の原因と特徴

バセドウ病は甲状腺機能亢進症の代表的な病気で、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫疾患です。甲状腺機能亢進症の70~80%がバセドウ病で女性に多い病気です。
新陳代謝が異常に活発になって様々な症状があらわれます。甲状腺ホルモンが過剰な状態が続くと、臓器に負担がかかって不整脈や糖尿病の原因になったり、妊娠すると流産・早産・妊娠中毒症を起こすことがあります。適切な治療が必要です。

バセドウ病の原因

脳下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)が甲状腺細胞膜にあるTSHレセプターに接着することで甲状腺ホルモンが分泌されます。バセドウ病では、遺伝的要素になにかしらの誘因が加わることで、免疫システムが自分の甲状腺を異物とみなし、甲状腺細胞膜にあるTSHレセプターの自己抗体であるTSHレセプター抗体(TRAb)が産生されることが原因と考えられています。TSHレセプター抗体(TRAb)が甲状腺を刺激するために甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、甲状腺が働きすぎている状態(甲状腺機能亢進症)が引き起こされるとされています。

バセドウ病の特徴

○バセドウ病の女性患者は男性患者の約4倍です。

○バセドウ病は20~30歳代が全体の過半数を占めます。この年齢の女性の約300人に1人といわれています。子供や中年以降にも起きる病気です。

○甲状腺腫が見られます。甲状腺の全体が腫れて首が太くなったように見えることがあります。

○バセドウ病というと眼が出るとよく言われます。バセドウ病の一部に眼球突出の症状があらわれますが、これはバセドウ眼症とよばれています。バセドウ眼症の原因は解明されていないようです。

※TSHレセプター抗体(TRAb)には、甲状腺刺激性レセプター抗体(TRAb)とTSH作用阻害抗体(TSBAb)があります。

※甲状腺疾患に甲状腺機能低下症があり、橋本病が代表的で、甲状腺機能亢進症と同じく自律神経失調症や更年期障害の症状に似ています。

 - バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

PC用

PC用

  関連記事