女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

脂質異常症の種類と診断基準

脂質異常症の種類には、高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・高中性脂肪血症があり、どのタイプも動脈硬化を促進します。最も問題になるのは悪玉LDLコレステロール値が高い場合です。実際は悪玉LDLコレステロールと中性脂肪の両方の値が高いケースが多く、さらに動脈硬化が早く進むため心血管疾患のリスクが増します。脂質異常症の診断基準は、空腹時のLDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪の値で診断されます。

脂質異常症の種類と診断基準

 高LDLコレステロール血症

悪玉コレステロール(LDLコレステロール・LDL-C)の値が高い(140mg/dL以上)と、高LDLコレステロール血症と診断されます。コレステロールの検査値の中で心血管疾患の絶対的な危険因子で、他検査値(HDL、トリグリセリド)と比較すると重要度が高いコレステロール値です。脂質の過剰摂取などで肝臓の機能がうまく働かなくなると、血液中にコレステロールが増えて高LDLコレステロール血症になります。

 低HDLコレステロール血症

善玉コレステロール(HDLコレステロール・HDL-C)の値が低い(40mg/dL未満)と低HDLコレステロール血症と診断されます。

 高中性脂肪血症(高トリグリセリド血症・高TG血症)

中性脂肪値が高い(150mg/dL以上)と高中性脂肪血症(高トリグリセリド血症)と診断されます。内臓脂肪型肥満の人に多いとされています。中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられますが、高カロリーの食事、糖分の多い食品、中性脂肪の過剰摂取、運動不足で中性脂肪がエネルギーに変換されないなどで、血液中の中性脂肪が増えて高中性脂肪血症(高トリグリセリド血症)になります。
(※家族性高コレステロール血症は、遺伝的に血液中のコレステロールを取り除くしくみがうまく働かなくなる病気です。)

 - 更年期と脂質異常症

PC用

PC用

  関連記事