女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

善玉・悪玉コレステロール

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL-C)と悪玉コレステロール(LDL-C)があります。コレステロールや中性脂肪は、たんぱく質(アポ蛋白)やリン脂質と結合して血中に5種類のリポ蛋白として存在します。善玉コレステロール値が低い、または悪玉コレステロール値が高い状態の脂質異常は動脈硬化の原因になり、心疾患のリスクを高めます。

悪玉コレステロールとは

コレステロールは細胞膜を作る材料になったりホルモンをつくるための重要な成分ですが、コレステロールを多く含む高比重リポ蛋白=LDLコレステロールが血中に増えすぎると、血管壁に蓄積して動脈硬化の原因になるため、悪玉コレステロールと呼ばれます。

善玉コレステロールとは

たんぱく質を多く含む低比重リポ蛋白=HDLコレステロールは、体内の余分なコレステロールや動脈の内壁に蓄積されたコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きがあるため、善玉コレステロールと呼ばれます。

LDL値とHDL値

LDLコレステロール値が高いということは、肝臓から全身に送られるコレステロールの量が多くなるため、血管にコレステロールが付着しやすい状態です。また、HDLコレステロール値が低いということは、全身の余分なコレステロールが肝臓に戻されないため、血管にコレステロールが付着しやすい状態であることを意味します。

 - 更年期と脂質異常症

PC用

PC用

  関連記事