女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

脂質異常症とは

脂質異常症は血液中の脂質が異常の状態で、脂質異常症から起こる動脈硬化で、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まります。殆ど自覚症状がないため、脂質異常症を治療しないで放置している人が多く、心臓病や脳の発作が起きて初めて事態の重大性に気づくことも少なくありません。

脂質異常症は、脂質異常により粘り気の強い血液、ドロドロ血の状態で、LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪の数値で診断されます。ドロドロ血は血管の内壁に付着しやしく、血管内皮にコレステロールが入り込み血管内膜肥厚・プラーク(糊腫)になります。これが動脈硬化です。これが進行すると、血管内膣が狭くなったり、閉塞したりします。プラークが破裂すると、血栓が作られます。動脈硬化が進むと、脳梗塞、眼底の異常、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、腎臓の障害などリスクが高まります。心筋梗塞・脳梗塞は動脈硬化部分に血栓が詰まって起きる怖い病気です。

中高年の半数以上が脂質異常症といわれ、また若年層の動物性脂肪の過剰摂取もあり、脂質異常症の患者が増加拡大するといわれています。動脈硬化の原因には、脂質異常症(高脂血症)だけでなく、高血圧、糖尿病、肥満があり、食事、運動不足、ストレス、加齢、性別、遺伝も大きく関係しています。

 - 更年期と脂質異常症

PC用

PC用

  関連記事