女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

骨粗鬆症とカルシウム

骨粗鬆症(骨粗しょう症)といえば先ず「カルシウム」を思い浮かべると思います。カルシウムは体内で生成できません。カルシウムは更年期以降の骨粗鬆症の予防対策に大きく関わっています。骨粗鬆症(骨粗しょう症)は知らぬ間に進行していることがありますから、更年期以降は定期的に骨量測定の検査を受けて骨粗鬆症の予防対策をしましょう。胃・肝臓・腎臓が悪いとカルシウムの吸収が悪くなりますので、この場合も骨量に注意が必要です。

カルシウムの働き

体内で生成できないカルシウムは食事をとおして摂取され、腸で吸収されて血液で骨に運ばれます。骨と歯が体のカルシウムの約99%を占めています。残りのカルシウム約1%は、細胞や血液中にあって、神経・筋肉の興奮・鎮静や血液凝固などの重要な役割を担っています。細胞や血液中のカルシウムが減少すると骨から補給するように働き、骨量の減少につながり骨粗鬆症のリスクを高めます。カルシウムは骨だけでなく健康維持に欠かせません。

カルシウムとビタミンDの関係

丈夫な骨を作るにはカルシウムだけでなくビタミンDが重要です。カルシウムだけでは骨を作ることはできません。体内に取り込まれたビタミンDは活性化されて、腸でのカルシウムの吸収や、骨のカルシウム代謝に作用して、血液中のカルシウムやリンの濃度を維持する働きがあります。ビタミンD不足はカルシウム代謝に乱れが生じるため、骨粗鬆症(骨粗しょう症)の原因になります。

カルシウムとビタミンKの関係

ビタミンKは、血液を固める働きや、骨代謝(骨質)に関わっています。ビタミンKは、コラーゲンとカルシウムを結び付けるはたらきをし、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎます。ビタミンK(K2)骨折予防効果があるとして骨粗鬆症の治療薬に使用されています。

カルシウムとマグネシウムの関係

カルシウムは、マグネシウムが骨から放出されるときにマグネシウムの約5倍のカルシウムが一緒に放出されます。骨粗鬆症の予防には、カルシウムだけでなくマグネシウムを十分に摂取することが大切です。

 - 更年期と骨粗鬆症

PC用

PC用

  関連記事