女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

骨粗鬆症の骨量測定方法

骨粗鬆症の検査の骨量測定法には、超音波、DXA法、MD法、定量的CT法などがあります。骨量測定装置では数値が表示されます。骨粗鬆症診断の基本は、胸腰椎のX線撮影です。X線写真による方法は視覚的に判断するため客観性に乏しいのですが、X線写真の読影時に胸腰椎の骨折や変形、骨硬化性変化を同時に把握できるため、鑑別診断の助けになる利点があります。このため、骨粗鬆症の診断には骨量測定のほかにX線所見も必須になっています。

骨粗鬆症の検査(骨量測定法)の種類

測定超音波:測定装置に踵(かかと)をのせて踵骨の骨量測定をします。X線を使用しないので母子検診時によく使われます。

DXA法(デキサ法、二重エネルギーX線吸収測定法):X線で腰椎・大腿骨のほか全身や踵骨・橈骨の骨量測定します。測定時間が短く装置の安全性は良いです。ただ、患者の体格の影響をうけるという欠点があります。末梢骨(橈骨・踵骨)のDXA法による測定装置が普及しています。装置が小型のため、検診や開業医で使用されることが多いのですが、腰椎や大腿骨頸部に比べて骨折の予知がやや劣ります。

○■MD法(エムデー法):日本で開発された方法です。手(中手骨)をX線撮影して、X線写真上の濃淡(光学的吸収度)から骨量を測定します。

定量的CT法(QCT・pQCT):腰椎や橈骨をCT装置を用いて測定します。

 - 更年期と骨粗鬆症

PC用

PC用

  関連記事