女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

骨粗鬆症の検査・診断・治療

骨粗鬆症患者の約70%が腰痛などの痛みで整形外科を受診し、それ以外は内科、婦人科を受診しているといわれています。骨量が減少しても自覚症状がないため、骨折や骨粗鬆症を予防する目的で、定期的な骨量測定の検査が推奨されています。検査などの後に骨粗鬆症であるかの確定診断がされてからの治療になります。骨粗鬆症の治療は、薬物治療を中心にして食事療法や運動療法があります。
かつてはX線所見で骨量減少が認められ且つ骨折のあるものが骨粗鬆症と診断され、初めて骨粗鬆症の治療が行われる状況でした。現在は、骨折前の骨粗鬆症(骨粗しょう症)予防が重要であると考えられるようになっています。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)の定期検診

女性の場合は、骨量が減少し始める40歳くらいから、定期的に骨粗鬆症の検査を受けることをおすすめします。閉経後の女性は、1年に1度の検診がよいとされています。40歳以降の女性を対象した5年毎の骨密度の節目検診を行う自治体も多くなっています。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)の検査・診断

検査には骨密度の検査、レントゲン検査、身長測定、血液検査、尿検査などがあります。レントゲン検査では、骨折・骨の変形・骨粗鬆化(骨に鬆が入っている状態)の有無を確認します。骨代謝マーカーとよばれる血液検査や尿検査では、骨代謝の状態を調べます。血液検査や尿検査は他の病気との鑑別するのに重要です。
検査結果をもとに総合的に判断して骨粗鬆症かどうかの診断が行われます。骨粗鬆症の診断では、骨密度、骨質、脆弱性骨折(ちょっとした衝撃で引き起こされる骨折)が重要になります。脆弱性骨折では本人の自覚のないことがあるため、レントゲン検査結果は重要な判断材料です。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)の治療

加齢によって骨の状態が変わっていきます。閉経を迎えるまでは、少しでも骨量を増やす治療になります。骨粗鬆症と診断されても、過不足のない栄養バランスのとれた食生活や運動を取り入れるといった生活習慣の見直しで改善されることが多いです。
50歳前後の更年期になって骨粗鬆症になった場合は、女性ホルモンの影響による骨量の減少は避けられませんが、更年期にできるだけ骨量の減少をくいとめることが重要になります。骨の新陳代謝では、骨吸収が活発になっていますから、エストロゲン製剤などの骨吸収抑制剤による薬物療法が行われることが多いようです。骨に良いカルシウムなどを積極的に摂取したり、適度な運動や日光にあたることも大切です。
治療薬には、カルシウム吸収を促進して体内のカルシウム量を増やす、骨形成を促進する、骨吸収を抑制する薬があります。主に使われている治療薬は、活性型ビタミンD3製剤、ビタミンK2製剤、エストロゲン製剤、ビスフォスフォネート製剤(ビスホスホネート製剤)、副甲状腺ホルモン製剤、カルシウム製剤などです。

※欧米では、リウマチ専門医や内分泌科医が骨粗鬆症の患者の診察にあたり、骨折がある場合に整形外科医が診察します。

 - 更年期と骨粗鬆症

PC用

PC用

  関連記事