女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

骨粗鬆症と女性ホルモンの関係

女性ホルモンは骨粗鬆症に大きく関係しています。骨形成に関わる骨芽細胞の活動を高めるエストロゲン(女性ホルモンの一種)が急激に減少すると、骨粗鬆症に進みやすくなります。エストロゲン(女性ホルモン)が減少する更年期に骨粗鬆症の予防を始めましょう。
骨の形成に関わる骨芽細胞と破骨細胞のバランスが崩れると骨のスカスカ状態が進行して骨粗鬆症(骨粗しょう症)を引き起こします。エストロゲン(女性ホルモン)は骨芽細胞の活動を促す作用があるとされ、特に、閉経後のエストロゲンの急激な減少で骨粗鬆症に進みやすいので、更年期以降の骨粗鬆症予防が大切になります。

骨の新陳代謝

骨も新陳代謝をしています。骨芽細胞と破骨細胞が骨の新陳代謝に関わる細胞です。破骨細胞が古くなった骨の成分を破壊(骨の吸収)して、骨芽細胞が骨の表面にコラーゲン(タンパク質)を分泌し、その上にカルシウムを定着させて新しい骨を形成する、というサイクルで骨は古い骨から新しい骨に生まれ変わっています。エストロゲン(女性ホルモン)の減少などで骨芽細胞と破骨細胞の働きのバランスが崩れると骨がもろくなり骨粗鬆症を引き起こします。
骨形成速度よりも骨吸収速度が高い状態は骨粗鬆症(骨粗しょう症)の原因になります。女性は男性に比べてもともと骨量が少ないので、骨の形成と吸収のバランスが崩れると、男性よりも症状が重症化して骨折しやすくなります。

 - 更年期と骨粗鬆症

PC用

PC用

  関連記事