女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期からの骨粗鬆症予防

更年期からの骨粗鬆症予防が大切になるには理由があります。骨粗鬆症(骨粗しょう症)は圧倒的に女性に多い病気で、40~50歳代(閉経前後)から骨量が急激に減少し、60歳代で2人に1人、70歳以上で10人に7人が骨粗鬆症になり、骨粗鬆症の患者の8割が女性といわれています。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)になると骨折しやすくなります。骨折してから治療を始めるのではなく、骨折しないよう予防することが重要と考えられています。閉経前後から、骨形成に重要なエストロゲン(女性ホルモン)が激減するため、骨折・骨粗鬆症のリスクが高くなります。骨折する前の骨粗鬆症予防は、更年期からといえます。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)は、骨性の痛み、骨の変形(背中が曲がる)、骨折の原因になります。骨粗鬆症になると、日常生活の軽い外圧・負荷で容易に骨折してしまいます。骨折による痛み・障害は日常生活の支障になるだけでなく、いわゆる高齢者の大腿骨や股関節の骨折は寝たきりにつながったりします。快適な生活には骨粗鬆症の予防は無視できませんから、骨粗鬆症が増加し始める更年期の骨粗鬆症予防は重要です。

※骨粗鬆症(骨粗しょう症)とは、骨の量が 減って、骨の微細構造も変化して、骨折を起こしやすくなった状態です。

 - 更年期と骨粗鬆症

PC用

PC用

  関連記事