女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

骨粗鬆症の原因・症状

骨粗鬆症(骨粗しょう症)とは、骨量の減少(骨密度の低下)や骨質の低下で、骨折しやすい状態です。骨の中のカルシウムなどが減少したり、コラーゲンの劣化によって、骨が軽石のようにスカスカになり、骨が折れやすくなってしまいます。
骨粗鬆症の原因は、加齢、女性ホルモン不足、栄養不足、生活習慣、運動不足、日光浴不足、妊娠、遺伝体質など様々です。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)は自覚症状に乏しく、気づいたときは症状が進行していることも少なくありません。骨粗鬆症でもろくなった骨は、体重の重みで潰れてしまうことさえあります。これは圧迫骨折と呼ばれ、高齢者に多く見られます。圧迫骨折で背骨が湾曲して背中が丸くなったり、身長が縮んだりします。痛みを伴うこともありまますが、徐々に症状が進むために痛みを感じないこともあります。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)は女性に多い病気で、60歳代で50%、70歳以上で70%が骨粗鬆症に。閉経前後(更年期)から急激に骨量が減少するため、更年期から骨粗鬆症で骨折しない予防が大切です。そして、骨粗鬆症は早期発見と早期治療が大切です。骨粗鬆症の検査(骨密度測定)を定期的に受けましょう。

※骨は外側の皮質骨と内側の海綿骨からなっていて、骨格として身体をを支え、カルシウムなどのミネラルを貯めるなどの役割を担っています。海綿骨はスポンジ(海綿)のような構造をしており、新陳代謝が活発に行われています。

※骨の成分割合は、約70%がカルシウム・リンなどの無機質、約10%が水分、約20%が有機質です。有機質の約90%がコラーゲンです。

※骨量と骨密度:骨の強さの尺度の一つに骨量(骨塩量)や骨密度があります。骨の中のカルシウムを含む全てのミネラルの量が骨量(正しくは骨塩量)で、一定の容積あたりのミネラルの量が骨密度です。

※骨質:骨質とは骨梁の微小構造やコラーゲン架橋 といった骨自体の質のことです。骨質は骨量(骨密度)とともに骨の強度を決める要素で、骨を構成するコラーゲンの状態、骨の新陳代謝の状態、微細構造の変化が関係しています。

 - 更年期と骨粗鬆症

PC用

PC用

  関連記事