女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期に注意したい婦人科の病気

閉経前後の更年期にはエストロゲンの減少と加齢の影響でリスクが上がる病気として、子宮体がん、卵巣がん、乳がんがあります。逆に、エストロゲンの減少によって、子宮筋腫や子宮内膜症などは縮小し症状も軽減していきます。とはいっても安心できません。例えば、稀に子宮筋腫が縮小せずに成長することもあります。

乳がん(乳癌)

乳がんは発生・進展ともにホルモン依存性のがんです。乳がんの発症は全年齢で増加傾向にあります。エトロゲンの影響を受ける期間が長くなったことが増加原因と考えられています。
乳がんは20歳過ぎから徐々に増えて、30歳代で更に増え、40歳代後半~50歳代の更年期のピークの後に減少していきます。閉経後の肥満は乳がんのリスク要因です。
乳がん(乳癌)の早期発見には、定期検診と自己検診が大切です。20 歳過ぎたら乳がん年齢です。乳がん検診・検査を受けましょう。マンモグラフィー検査を受けましょう。

子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。子宮がんの大半は子宮頸がんですが、子宮体がんの割合が増えています。
子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)で、性交渉によって感染します。子宮頸がん発症は、40歳代をピークにいったんは減少しますが、60歳代以降に再び増加します。子宮体がん発症は、40歳代から増加し更年期(閉経前後)にピークがあり60歳以降に減少します。子宮体がんの原因はエストロゲン依存のものとエストロゲン非依存があります。エストロゲン非依存性子宮体がんは、やせ型で高齢の女性に多い子宮がんです。
どのタイプの子宮がんでも、定期検診による早期発見が大切です。

卵巣がん

卵巣がんは40歳過ぎから発症率がたかまり、50歳前半にピークがあり、80歳以上で再び上昇します。症状が出た時には進行していることが多いのが特徴で、早い時期の発見が難しいがんです。子宮がんと同様に排卵回数が多い女性はがんのリスクが高まるといわれています。

 - 更年期に注意する病気

PC用

PC用

  関連記事