女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期に要注意の病気

更年期には、骨粗鬆症と高脂血症に注意しましょう。更年期のエストロゲンの急激に減少することで、骨量の減少や骨質の劣化などによる骨粗鬆症と、脂質代謝の変化による脂質異常症の発症リスクが高まります。

更年期からは骨粗鬆症に注意

閉経前後から骨密度が減少し始め、老年期には骨粗鬆症(骨粗しょう症)のリスクが増加していきます。更年期にはエストロゲンが著しく減少します。エストロゲンは骨量を維持したり、骨の新陳代謝に関わる重要な女性ホルモンです。カルシウムなど骨に良い栄養を摂って骨の健康維持をして骨粗鬆症予防をしましょう。

更年期からは脂質異常症に注意

エストロゲン(女性ホルモン)は血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やし、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を抑制する作用があります。エストロゲンが激減する更年期を境に、生活習慣病である脂質異常症のリスクが高まります。これに伴い、脳卒中・虚血性心疾患の発症リスクが増加します。

※更年期に注意したい病気

  • 糖尿病、高血圧症、心血管性疾患(狭心症・心筋梗塞など)などの生活習慣病
  • 甲状腺機能低下症(橋本病)、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などの甲状腺疾患
  • 婦人科系の病気
  • 膀胱炎

 - 更年期に注意する病気

PC用

PC用

  関連記事