女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期に「まごわやさしい」しいたけ(茸類)

更年期の食生活改善「まごわやさしい」の「し」は「しいたけ」などの茸類です。きのこ類は、水分、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどからなります。同じアルカリ性食品の食品と比べると、ビタミンB群を多く含み、野菜類に含まれないビタミンDを多く含みます。また、キノコによっては野菜類よりも食物繊維を多く含んでいます。
「まごわやさしい」しいたけ(茸類)の栄養素は、きのこの種類によって異なります。

しいたけ(茸類)の種類と栄養素

「しいたけ」などの茸類(きのこ)は低カロリーでビタミンやミネラルが豊富です。きのこの種類によって栄養素が異なります。

シイタケ(椎茸):エリタデニン、ビタミンD、食物繊維(βグルカン)
・他のキノコ類にないエリタデニンという成分が含まれています。エリタデニンは悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HDL)を増やし、総コレステロール値を下げる作用があります。ただし、この作用は一時的なので継続的に椎茸を食べる必要があるといわれています。
・βグルカンには免疫活性、抗腫瘍性、感染予防が期待できるといわれています。

キグラゲ:ビタミンB2・E、鉄分、カリウム

マイタケ:ビタミンD、ビタミンB1をはじめとするB群

しめじ:ビタミンD、ビタミンB群、食物繊維

マッシュルーム:βグルカン、ビタミンB1・B2

 - 更年期は和食が最適

PC用

PC用

  関連記事