女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期に「まごわやさしい」ゴマ

更年期の食生活改善「まごわやさしい」の「ご」は「ごま」です。ゴマは様々な栄養素がバランスよく含まれ、「小さな総合栄養食」ともいわれています。ゴマは、生のまま食べても殆ど消化吸収されず排出されてしまいますので、炒って、必ず擦って食しましょう。また、ゴマもごま油もカロリーが高いので、過剰摂取には気をつけましょう。

「まごわやさしい」ごま(ゴマ)の栄養素

  • 必須アミノ酸(トリプトファンやメチオニンなど)
  • 不飽和脂肪酸(リノール酸・オレイン酸など)
  • ビタミン(ビタミンはB1、B2、E、ナイアシンなど)
  • ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、セレンなど)
  • ゴマグリナン:セサミンなど6種類の抗酸化物質の総称で、ゴマグリナンの中でセサミンが最も多い成分です。


ゴマが健康食品として注目されている理由に、抗酸化作用があるとされるセサミンというゴマ特有の成分が、ほか栄養素と協力して老化を防いだり、血管の悪玉コレステロールの除去して生活習慣病の危険因子である動脈硬化を防ぐ働きがあるためです。ゴマグリナンは肝臓で特によく発揮されるとされています。

  • セサミンがビタミンEを守って、細胞の酸化防止(老化防止)、生活習慣病の原因の活性酸素を除去します。
  • セサミンが酸化しやすい不飽和脂肪酸を守って、不飽和脂肪酸が動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを除去する作用を助けます。

ごま(ゴマ)の種類と栄養素

ゴマにはアミノ酸のほかにビタミン・ミネラルなどがバランスよく含まれています。セサミンの抗酸化作用が注目されています。
黒ごま・白ごま・茶ごまの3種類があり、健康食には黒ゴマがよいといわれています。

※漢方では、ごま(ゴマ)は五臓を潤す滋養強壮で、肝機能を高め、胃腸を丈夫にして、肺機能を高めるといわれています。貧血、美肌、白髪の防止にも効果があるとされています。

 - 更年期は和食が最適

PC用

PC用

  関連記事