女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

6つの基礎食品群の分類

糖質(炭水化物)・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン・食物繊維などの栄養素を食物から摂取しています。一つの食品から必要な全ての栄養素を確保できませんから、日常の食生活で様々な食品を摂って健康維持をすることになります。
むずかしい栄養素を考えなくとも、「6つの基礎食品」を利用すると、栄養バランスの良い食事ができるようになります。「6つの基礎食品」は、栄養面で同様の働きのある食品が6つの食品群に分類されています。毎日の食事で、食品群から1~2品を食べるようにすると栄養バランスの良い食事ができるようになります。

基礎食品群(1類・2類)で体をつくる

「6つの基礎食品」のうち1類・2類で体をつくります。

○1類:魚貝類、肉類、卵類、大豆・大豆製品類
*栄養素と働き:主にたんぱく質の供給源です。体の血や肉を作るもとになります。脂質・カルシウム・ビタミン(A・B1・B2)なども含む食品類です。
*主な食品:魚・貝・いか・たこ・かに・かまぼこ・ちくわ、卵、肉類・ハム・ソーセージ、大豆・豆腐・納豆、生揚・がんもなど

○2類:牛乳・乳製品類、海藻類、小魚類
*栄養素と働き:主にカルシウムの供給源です。骨や歯を作るもとになります。たんぱく質・鉄・ビタミンB2なども含む食品類です。
*主な食品:牛乳・スキムミルク・チーズ・ヨーグルト、めざし・わかさぎ・しらす干、わかめ・昆布・のりなど

基礎食品群(3類・4類)で体調を整える

「6つの基礎食品」のうち3類・4類で体の調子を整えます。

○3類:緑黄色野菜
*栄養素と働き:主にカロチン(ビタミンA)の供給源です。体の調子を整えて病気にかかりにくくします。ビタミン(C・B2)や、カルシウム・鉄なども含む食品群です。
*主な食品:にんじん、ほうれん草、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、春菊、さやえんどう、かぼちゃ、トマト、パセリなど

○4類:淡色野菜・果物
*栄養素と働き:主にビタミンCの供給源です。体の働きを整えます。カルシウム・ビタミン(B1・B2)なども含む食品群です。
*主な食品:だいこん・はくさい・キャベツ・きゅうり・たまねぎ・なす、りんご・いちご・メロン・バナナ・なし・ぶどう・すいかなど

基礎食品群(5類・6類)で体力をつくる

「6つの基礎食品」のうち5類・6類で働く力や体力をつけます。

○5類:穀類・芋類、砂糖類
*栄養素と働き:主に糖質性エネルギー(カロリー)の供給源です。いも類は、糖質のほかにビタミン(B1・C)も比較的多く含まれています。
*主な食品:米飯・パン・うどん・そば・スパゲティ、芋類、砂糖・菓子など糖質の多い食品など

○6類:油脂類・多脂性食品類
*栄養素と働き:脂質性エネルギー(カロリー)の供給源です。大豆油・ごま油などの植物性油には発育成長に欠かせないリノール酸なども含まれています。
*主な食品:大豆油・ごま油・マーガリン・バター・マヨネーズ・ドレッシング・クルミ・ゴマ・落花生など

 - 更年期の食事と食品

PC用

PC用

  関連記事