女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期の食事の基本

更年期には「栄養バランスのとれた食事を規則正しく食べる」ことです。栄養素の過不足のない食事で、更年期障害の予防・改善、肥満、生活習慣病、骨粗鬆症を予防することが肝心です。

食事は舌だけでなく目や心でするものです。食べる行為そのものに緊張を和らげてくれる効果がありますが、楽しく食事をすることで効果が高まります。栄養素の消化・吸収が向上するだけでなく、心を穏やかにしてストレス軽減にもなり、生活の質(QOL)が良くなります。楽しい食事は、副交感神経に働きかけて、栄養素の消化吸収だけでなく心においしい食事になります。

更年期に摂りたい・控えたい栄養素

更年期に摂りたい栄養素に、良質のタンパク質、カルシウム、ビタミンE、ビタミンB1、食物繊維があります。逆に、控えたい栄養素としては、糖質、脂質、塩分が挙げられます。

更年期の食事5カ条

更年期の女性の体に合った栄養バランスを考えた食事が望まれます。食事の摂り方で実践してほしい5項目があります。更年期の食事の5カ条を食生活に取り入れて快適な更年期を過ごしてください。

  • 1日3食の規則正しい食生活で、栄養バランスと生活リズムを整える。
  • 女性ホルモン様の作用のある成分や、ホルモンバランスに効果のある食品を積極的に摂る。
  • 糖質・脂肪・塩分を控えて、肥満や高血圧を予防する。
  • カルシウムを摂って骨を丈夫にして、骨粗鬆症を予防する。
  • 食物繊維を摂って、腸内環境を整え、生活習慣病を予防する。

※自律神経には、心身の活発な活動を促す交感神経と、「休む神経」ともいわれる心身をリラックスさせる副交感神経があります。

 - 更年期の食事と食品

PC用

PC用

  関連記事