女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

睡眠改善薬と睡眠薬の違い

睡眠改善薬と睡眠薬は違います。市販のいわゆる睡眠改善薬は抗ヒスタミン薬や生薬製剤で、気分を落ち着かせる、寝つきを良くする入眠改善効果をうたったものです。睡眠改善薬は病院で処方される睡眠薬(睡眠障害改善薬)とは異なり、長期的な不眠治療には利用できないといわれています。睡眠改善薬は、何かのちょっとしたキッカケで崩れた睡眠パターンを修正するために利用するくらいがちょうどがいいのかもしれません。

一方、病院で処方される睡眠薬(睡眠導入剤)は、睡眠改善薬と異なる成分の睡眠薬(睡眠導入剤)も多く、睡眠障害の症状程度によって種類分けされて、その成分の特徴から、睡眠薬(睡眠導入剤)を服用する場合は医師の指示に従うことが大切です。自己判断で睡眠薬の量を変えたり服用を中断してはいけません。また、最近の睡眠薬は安全性が高いとはいえ、人によっては不都合な副作用が出ることがあります。睡眠薬(睡眠導入剤)による副作用が出た場合は医師に必ず相談する必要があります。

 - 更年期の不眠症・睡眠障害

PC用

PC用

  関連記事