女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期女性の不眠

更年期の不眠の原因は様々です。更年期になると不眠症でなかった人が睡眠障害を訴えるようになります。不眠(不眠症は睡眠障害のひとつ)の改善や治療は不眠の原因を取り除くことになりますが、更年期の不眠(睡眠障害)のメカニズムは複雑で、不眠が更年期障害の症状(不定愁訴)なのか他に原因があるかの鑑別が難しいことがあります。

更年期障害の症状の不定愁訴のひとつの不眠では、卵巣の衰えにより、早朝覚醒や眠りが浅くなる傾向があります。また、更年期の睡眠障害の特徴は、手足の冷えで眠れない、夜間の急なのぼせや寝汗で目をさますなどの更年期症状が原因になって起きていることも多いことです。さらに、更年期障害にみられる精神症状(不安感・焦燥感・更年期うつなど)が絡まりあうと不眠(睡眠障害)の程度が強くなるといわれています。
更年期症状を緩和するホルモン補充療法や漢方治療などで睡眠障害の改善が期待できます。不眠以外の更年期症状が改善しても不眠が続く場合は睡眠障害改善薬(睡眠薬)が処方されることがあります。

更年期障害に加えて体内時計の変化も不眠の原因になっています。女性の体内時計は加齢に伴って早くなる(前にずれる)傾向があるため、就寝時刻はかわらないのに起床時刻が早くなります。これは早朝覚醒と呼ばれるもので、十分睡眠をとったという満足感が得られないことがあります。不眠以外の更年期症状もあるなら婦人科で、不眠だけなら心療内科や精神科で相談することをおすすめします。

更年期障害による不眠と思っていても、他の病気が原因で不眠(睡眠障害)になっていることがあります。例えば、アルツハイマー病の初期においては睡眠障害があります。睡眠時無呼吸症候群は一般的に男性に多い睡眠障害ですが、女性ホルモンが少なくなる更年期以降は、女性の発症リスクが高まります。また、心身症やうつ病などの神経科的疾患でも不眠(睡眠障害)の症状があらわれます。
不眠で困っているならば、専門医に相談することをおすすめします。

 - 更年期の不眠症・睡眠障害

PC用

PC用

  関連記事