女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

鬱(うつ)からの自力脱出

先ず、自分がうつ状態であることを認めましょう。そして自分を冷静に見てみましょう。信頼できる人に、何気なく自分の言動がおかしくないかどうか聞いてみるのもよいです。

休養と気分転換がプラスに働きます。疲れるとマイナス思考になりがちですから、休養をとりましょう。きれい志向でおしゃれをしたり、今まで経験したことのないことに挑戦するなどして気分転換をしましょう。自発的に休養をとったり気分転換ができるのなら、あなたは大丈夫です。ただ、お酒を飲んだりして騒いだ後はうつ症状が強くなることがあり逆効果です。

うつ(鬱)の症状

鬱病(うつ病)の症状は心と体の両方に現われます。重症でない限り、朝が悪く次第に楽になるといった日内変動の傾向があります。

 鬱病(うつ病)の精神的な症状

  • 憂鬱感、悲哀感、不安感(朝方に症状が強く、夕方には元気になるのが特徴です)
  • 意欲や興味の減退(やる気がでない、面白く感じない)
  • 判断力の低下(考えがまとまらず、判断や決断ができない)
  • 罪責感、とりこし苦労
  • 仕事能率の低下
  • 自殺願望(気持ちが落ち込んで、つらくて死を考えてしまう)

 鬱病(うつ病)の身体的な症状

  • 睡眠障害(早朝覚醒、寝つきが悪い、深夜に眼が覚めるなど)
  • 食欲不振、食欲増進
  • 倦怠感や疲労感(それほど体を動かしていないのに疲れたり、体がだるい、重いと感じるなど)
  • 理由なく体の調子が悪い(頭痛、肩こり、胃の不快感、下痢・便秘、めまい、手足のしびれなど)

 - 更年期のうつ病・更年期うつ

PC用

PC用

  関連記事